3月26日は今年最強の開運日! GABSのカラー財布で幸運を。


一粒万倍日は何事を始めるのも良い日、天赦日は始めたことが成功する日、そして寅の日は金運に縁がある「金運招来日」とされることから、特にお財布を新調するとよいといわれています。

さらに春に使い始めた財布は、春(張る)財布ともいわれ、縁起のいい財布に。

そして、風水では2022年は五黄土星が中宮に入る年だそうで、今年築いた運気が、今後9年の運気を司るという重要な一年に。金運を司る財布をアップデートしたら、今後9年の金運にもよさそう。

BORBOSSから、このチャンスにお勧めの"GABSのカラー財布"をピックアップ!

お財布を新調して金運と素敵な春を呼び込んでみては。



古から黄色は「太陽」「知性」「富」の象徴とされており、風水でもこれに習って黄色の財布が金運が良いとされています。







又、パーソナルカラーで診断されるラッキーカラーが人それぞれ複数存在し、その色目を身につけると幸運を招くと言われます。そこで、ストリートアートにフォーカスしたカラフルな"TRIP"シリーズをご紹介します。



素材は全て生後6ヶ月未満の仔牛革の最上皮部分(グレイン)を使用




高い精度を誇るプリントが技術力の高さを証明してくれます。

☆ ラッキーウォレットになる3カ条 ☆


その1.開運日や新月の夜から使い始める。

「新しいものを使い始めるのは朝から」という人も多いかと思いますが、“金”は“水”に触れることで増えるとされるので、金運を司る財布は水の時間帯(夜・暗くなってから)から使い始めて、“金”を増やして。最初の支払いは楽しいことにすると豊かな運が得られるとも。友人と食事をしたり、欲しかったものを買ったりして、ハッピーに。


その2.最初の9日は通常の3倍のお金を入れる。

まずは財布の初期設定を。使い始めの最初の9日間は、いつもの3倍くらいのお金を新しい財布に入れておくことで、その金額を財布が記憶し、収入アップに繋がるかも⁉ この9日間はお金の出し入れを多くすると、それも記憶してしまうそうなので、初期設定中は、キャッシュレス決済を心がけて。


その3.お金にはポジティブな言葉を。

財布はお金の住み処でもあります。汚かったり使い勝手が悪かったり、古かったりすると、お金が住みずらくなり、金運が安定しないとも。特に3年以上使っている財布は金運を生まないといわれているので、買い替えて新しい金運を呼び込んで。金運は言霊にも敏感だそうなので、お金に関するネガティブな発言は避けて、ポジティブな言葉とマインドで財布に触れて。